Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。

当初は、「バナー広告」が主でした。

1996年の4月に「Yahoo!」がサービスを始め、同年の7月からバナー広告を扱うようになりました。

次に流行ったのは、数行のテキストで構成された「メール広告」です。

この頃にメールマガジンを発行するサービスが生まれ、そのヘッダー部分などに広告を入れるサービスも同時に生まれました。

1999年頃になると、「アフィリエイト広告」が生まれました。

アメリカでは1996年には既に存在しており、世界で初めての「成功報酬型インターネット広告」といわれています。

中でも、「Amazon.com」の「アソシエイトプログラム」が、世界で初めてのアフィリエイト広告だとされています。

国内では、1999年に「Value Commerce」が取り扱いを始めました。

その後も、「リスティング広告」や「インフィード広告」といった物が生まれています。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒