面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

例えば、フェイスブックやTwitter上などのSNSでタイムラインに表示される特徴を持つ広告となっています。

コンテンツとコンテンツの間に掲載されているので、閲覧者は上から下へと読み進めていくと、目にも止りやすい点があります。

しかも面白く興味がある広告であれば、クリックされる可能性も高い点も優れています。

クリック率は、通常のバナー広告と比較すると10倍以上もクリックされることもあり、多くの人にも知って貰いやすい広告にもなっています。

なおインフィード広告は、PCよりもスマートフォンの利用にマッチしている点があり、それが普及していることから将来性もあり、主流になる広告形態です。

そしてインフィード広告をうまく活用する上では、クリック後のライティングページを如何に面白く、閲覧者の心理に沿った形にするかです。

特に商品・サービスの内容を詳細にもっと知ってもらいたい広告主にとっては有効的で、インフィード広告が活用しやすくなります。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒