現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

そして、ここ数年でスマートフォンの普及が急速に広がり、パソコンの技術も進化している中で、リスティングやバナー広告などのWEB広告メニューがさらに進化し、インフィード広告が広がってきています。

SNSや数多くのキュレーションサイトが出てきており簡単に多くの情報を収集できる現代に適応した広告の手法となっているのです。

インフィード広告は、広告とて目立たせるのではなく、数ある情報コンテンツの一部として編集記事を読んでいるようなイメージでユーザーにアプローチすることが可能です。

ニュース記事の中に紛れて広告を開示することができるため、ユーザーの頭の中にも自然と刷り込むことができ、押し付けがましい広告にはなりにくい点がメリットです。

このインフィード広告が動画などでも閲覧できるようになり、ますます今後も進化し続けるリッチメディアとして注目されるでしょう。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒