インフィード広告関連ニュース

マスメディアの中でもWEBが主流になってきている今、もはやリスティングやバナー広告は当たり前で、さらに動画などのリッチメディアや、インフィード広告が台頭してきました。

インフィード広告が誕生した経緯には、アプリなどで様々な種類のニュースがまとめて閲覧できるキュレーションサイトが多数出てきたことによって、いつでも気軽に大量の情報を得ることができ、そうした動向の流れで編集記事のような感覚で見てもらえるインフィード広告が人気を博してきたのです。

広告として主張した見せ方ではなく、掲載先のトーン及びマナーに合わせてデザインと表現を決めるため、ネイティブ広告とも言われています。

日本ではまず、グノシーやインモビジャパンなどがインフィード広告のネットワーク事業に名乗りを上げ、その後、誰でも使うフェイスブックやツイッターなどのSNS広告の中でも浸透していきました。

近年はスマートホンが急速に普及していることに伴い、スマホで使用しやすいSNS広告でのインフィードは特に進化し続けています。

フェイスブックでは、クリックしなくても音声無しで動画が自然に流れるため、ユーザーの興味を無理なくに引くことが可能です。

こうしたインフィードの動画広告は軒並み売上を伸ばし、広告全媒体の中でも主力なものになっているのです。

企業が流したい情報が、無理なく自然な流れでユーザーに届くという連鎖によって消費が活発になる世の中へと変化していくことが理想です。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒