Web広告の歴史

インフィード広告とは、Webサイト等のコンテンツの間に表示される広告のことですが、SNSやニュースアプリ等でよく見かけられるものです。

歴史的には静止画でしたが、現在は動画などでも広告が配信できるようになっています。

一般的なバナー広告は、ページのヘッダーやサイドメニューに配置される事が多いのですが、インフィード広告の場合は、ユーザーの視線を最も集めやすいコンテンツの間に配置するわけです。

また、掲載するメディアのページコンテンツの体裁に合わせるため、ユーザーの警戒心を下げる作用もあります。

そのように、掲載面に馴染むように配置した広告は「ネイティブアド」と呼ばれます。

インフィード広告はネイティブアドの一種ですが、ネイティブアドではないものも存在します。

ネイティブアドは、ユーザーの目に入りやすい反面、「騙された気分になりやすい」というデメリットがあります。コンテンツだと思ってクリックしたところ、広告だったということがよくあるわけです。

現在、スマホのユニークブラウザ数はパソコンやタブレットなどのブラウザ数を抜いており、インフィード広告の需要はますます高まると予想されます。

これまでのバナー広告は、ユーザーに如何に認識させるかに重きが置かれていました。

そのため、派手な画像や文言を多用してアピールするものが多かったわけです。

一方で、最近ではインリード広告といわれる動画広告が注目されており、ユーザーがスクロールすると自動的に広告が再生されるようになっています。

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。1996年の4月に「Yahoo!」がサービスを始め、同年の7月からバナー広告を扱うようになりました。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒