インフィード広告の活用方法

近年スマートフォンの普及とともに利用され始めた広告手法がインフィード広告です。

インフィード広告とはウェブサイトのコンテンツとコンテンツの間に表示される広告です。

インフィード広告の最大の特徴はサイト訪問者の目に触れやすいというところにあります。

パソコンの場合、見る人の視線の動きは縦、横、斜めと複雑ですが、スマートフォンの場合は必ず上から下の動きに限定されます。

そのために、コンテンツの間に挿入することで自然と目にすることになります。

たとえすぐに行動に移してもらえなくても、記憶の片隅に残り関心を持ち最終的に行動に移してもらうことも可能です。

とにかく知名度をアップしたいという場合に効果を発揮します。

その反面、活用方法を誤るとユーザーの反感を買ってしまうという危険性も併せ持っています。

コンテンツに紛れ込ませるためにあたかもコンテンツの一部そのもののような表現をしてしまうとユーザーは騙されたと感じてしまうからです。ユーザーは騙されたと感じた時点でそのページを閉じてしまい読んでもらうことはできません。

それどころか広告提供者に対して悪いイメージを植え付けてしまうことにもなりかねません。

だからといってはっきりと広告だと分かるような形ではユーザーは警戒してしまい、見てもらう機会は減ってしまいます。

広告ページに誘導するテキストを慎重に考える必要があります。

また、広告ページもユーザーの興味を引くような価値あるコンテンツを用意することが大切です。ユーザーが知りたい情報を提供することで印象が悪くなることを防ぐことができます。

このようにインフィード広告にはメリットとデメリットが存在します。

メリットを活かしデメリットを最小限に抑えるためには、広告が配信される場所とそれを目にする人の気持ちを考えて広告内容を考えることが重要です。

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。例えば、フェイスブックやTwitter上などのSNSでタイムラインに表示される特徴を持つ広告となっています。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒