インフィード広告の基本

インフィード広告とは、進化し続けるWEB広告のメニューの一種であり、ネイティブ広告と言われています。

いかにも広告として目立ちすぎず、できる限りユーザーに押しつけがましくなく自然な流入でクリックしてもらうことを狙いとしています。

今までのようなバナー広告やリスティングとは見せ方が異なり、編集記事のようなイメージで見ることができます。

近年、キュレーションサイトなどが多数出てきており、情報をまとめて見ることが可能になってきています。

だからこそ、こうしたユーザーの興味・関心に合わせてしっかり記事を読んでもらえる流れで情報収集の一部として扱われやすくなっているのです。

その一方、編集記事のつもりでクリックしたら実は広告だったという現象が多数起こっており、広告の手法としてはやりすぎ感が否めない点もあります。

こうしたさじ加減は非常に難しいところであり、出稿する企業の社内コンプライアンスなどによる判断も必要になってくるでしょう。

インフィード広告の知識が不足していると、このようなデメリットを知らずに出稿して後からトラブルになってしまうケースもあるため、注意が必要です。

クリエイティブも、いかにして自然な読み物の記事として見てもらえる表記にできるかという点が肝になってくるため、知識だけではなくクリエイティブ力も必要です。

次世代WEB広告の先駆けとして可能性を秘めているインフィード広告は、今後さらに普及していくことでしょう。

Go to Next Page : 現代に適応していく広告の形

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。そして、ここ数年でスマートフォンの普及が急速に広がり、パソコンの技術も進化している中で、リスティングやバナー広告などのWEB広告メニューがさらに進化し、インフィード広告が広がってきています。

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒