スマホ向け広告「インフィード広告」とは

宣伝広告を行っていく上で現代では紙媒体を利用するだけでは不十分になってきました。

情報源としてウェブなどのインターネットを利用することが増えてきたからであり、電子広告をうまく利用していくことがマーケティング手法としてスタンダードになりつつあります。

その一つとして注目されているのがスマホ向け広告と言われるインフィード広告です。

情報収集を行う際にブログやまとめサイトなどを利用する人が増えてきましたが、そのコンテンツをたどる際にはあるページから張られている関連リンクのリストや記事の中にあるリンクをクリックしていくことが多くなっています。

時間と経済の自由を得る起業成功のセミナーとは?
http://www.gospa.jp/category/1906497.html
GOSPAならダントツの成果が多数あります

その中に広告を埋め込むのがインフィード広告であり、サイドメニューの中やページのヘッダー、ページの中間部分などに広告を載せることによって高い確率でユーザーに見てもらうことができるのが特徴です。

テキスト、バナー、動画などの様々なインフィード広告を利用することが可能であり、そのコンテンツと広告内容に関連性があることによって、広告内容にもともと興味のあるユーザーにターゲッティングを行うことができるのがメリットになります。

電話連絡による在籍確認NGにできるカードローン
http://xn--lck0c6eya6bc3159dmeycjzglq2b.jp
写メなどでの書類確認でOKのところも?

潜在顧客と呼ばれるこういったユーザーを獲得することはウェブマーケティングにおける重要な課題であり、その対策方法としてインフィード広告が活用されるようになっていているのが現状です。

特にリンクリストの中やコンテンツリストの中に埋め込まれているタイプのインフィード広告は、ユーザーが関連記事として内容を読んでくれる可能性が高いことから、ただ検索エンジンやニュースサイトに広告を載せるよりも詳細に理解をしてもらえる可能性が高まります。

そのため、より商品やサービスに対して興味を持ってくれる可能性が高まるのが特徴です。

こういったリスト表示が多いスマホでは特に有用性が高く、ウェブページだけでなくアプリにも利用されている広告方法となっているのがインフィード広告です。

在籍確認なしで借りたいならプロミスがおすすめです
http://xn--zckzcya9cz171ajd3b8hf415a.net/
郵送物なしにもできる秘密厳守のローン

現代に適応していく広告の形

マスメディアとしての広告の勢いが変化し、現代はWEB広告が主体の世の中になってきました。

もっと読む ⇒

面白く変化していく広告媒体の活用方法

インフィード広告は、コンテンツとコンテンツの間に掲載される広告のことで、テキストと画像を併用した形になっている広告です。

もっと読む ⇒

Webで広告を始めた当初の広告とは?

Web広告が使われるようになったのは、国内だと1996年頃です。当初は、「バナー広告」が主でした。

もっと読む ⇒